×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

maplestory(MMORPG)育成支援 めいぷる荘。マスターシーフ育成>装備と強化(防具編)

装備と強化(防具編)

 

 

盗賊が防具を選ぶ際、もっとも重視すべきはその装備についているDEXやLUKなどの補正値です。

ただ単に補正値の高い装備をするのではなく、現在装備している武器や他の防具の強化の出来次第で自在に調節をすることが求められます。

今回は補正値を重視した盗賊の防具をピックアップしていきます。

 

 

帽子 手袋 マント 耳飾り

 


帽子

盗賊の帽子には、DEXのあがるもの、LUKのあがるもの、50レベル以降ではその両方が半々であがるものが存在します。

 

 

強化が未熟なうちは、DEXのあがるものを装備しておいたほうがよいでしょう。

こうすればのちにDEXが装備したい武器のREQ DEXを上回った場合でも、LUKのあがる帽子を装備することではみ出した分はLUKに変換できます。

とにかく盗賊は装備したい武器のREQ DEXを越えないことが大前提です。(参照:マスターシーフステータス振り)

 

チョイスする帽子ですが、先述の通り武器のREQ DEXを超えないことを前提に選ぶと、ルーク、ハイドフードや黒日帽子といった帽子になります。

斬り賊は現在のところ、90レベルのバキドは余り出回っておらず満足な強化が行えない為、80レベルの龍天拳を強化して使うのが一般的です。

 

とりあえずこれらの帽子の良品を装備しておくとよいでしょう。

特に黒日帽子は産地がゾンビであるため良品でも非常に求めやすい価格でフリマに並んでいます。

良品であるのが前提ですが見た目重視ならもう一段ランクを落として40レベルのピルパでもよいかと思います。

ピルパでも最良品は補正が+4されるものが存在します。

 

 

強化は特に必要ないですが、少しでもHPを稼ぎたければ体力強化しておくとよいでしょう。

 

戻る 上へ戻る


 

鎧には全身鎧と上下鎧がありますが、斬り賊は上記の通り80レベルの龍天拳装備が可能なくらいにとどめておくのが無難だといえるので80レベル以上の上下鎧は今のところあまり使いません。

その上、上下鎧では盗賊に必要なステータスを強化で補うこともできないので(STR賊の場合は別)、上下鎧装備は避けておいたほうがよいかも知れません。

もし、上下鎧装備であれば体力強化をしておきましょう。

 

今回は全身鎧を中心に話を進めていきます。

全身鎧で装備する候補に挙がるものは、性別が男ならタオル&ガウン、女ならフルツになります。

 

 

重視するのは補正なので最初から+4の補正を稼げるフルツを装備するのが1番ですが、男装備にはフルツやそれに匹敵する防具はないためタオルやガウンを装備することになります。

これらの装備を素のまま装備していても補正は得られないので、全身鎧を装備する最大の利点、素早さの書(全身)や幸運の書(全身)での強化を行うことになります。

 

素早さ、幸運どちらの強化を行うかですが、幸運強化には100%書がなく、LUK→DEXの変換は容易でないことから値段は高いですが素早さ強化をオススメします。

最初は素早さの書(全身鎧)100%ベタ貼りをつくりそこを起点に資金の具合にあわせて、30%1回成功、2回成功の品を作っていくとよいでしょう。

DEX強化がうまくできないまま、素のDEXにたくさん振ってしまった場合は幸運の書(全身)を使ってLUK強化するとよいでしょう。

凡庸性が低下しますが、幸運の書(全身鎧)30%などで強化した後、残りを素早さの書(全身鎧)100%で埋めるという手もあります。

 

戻る 上へ戻る


 

手袋

手袋は攻撃強化で決まりだと思います。

素早さの書(手袋)の強化でDEXを補うという手も悪くないのですが、攻撃力という値はDEXやLUKなどのステータスと比べてダメージに与える影響が大きいので、素早さ強化でDEXを補い、LUKを増やすより、攻撃強化した方が大きなダメージを期待することができます。

 

 

強化媒体にうってつけなのはUGが7ある茶軍手です。

本当はこれに書を貼れればよいのですがあいにく値段が非常に高額で、うかつに強化に手を出すことができなくなっています。

 

となると、ステータス補正のつく高レベルの盗賊用手袋が次の候補になりますが、とりあえずは軍手で一つ作っておくことをオススメします。

強化のコストも安く(書自体はべらぼうに高いですが)、全職装備で使いまわしも利くうえ売るときも容易です。

とりあえずはこれを使っておいて資金がたまったら、茶軍手や高レベル盗賊手袋に移行するとよいでしょう。

 

戻る 上へ戻る


 

靴の強化はジャンプの書(靴)で決まりでしょう。

他の靴用の書を使用しても、上昇を期待できる盗賊に必要な能力はせいぜい回避率くらいしかありません。

ジャンプの書(靴)でDEXを補うのが得策だと思います。

 

 

となると、残りは強化媒体ですがとりあえずはアイゼン(黒)で作るとよいでしょう。

UGが7あり、店で安価で売っていることを考えると強化には最適な素材だと思います。

 

コストがかかりますが最終的には補正がたくさんついている高レベルの盗賊の靴に以降するという手もあります。

また、戦士のサブキャラなどに流用を考えている場合は革靴という手もあります。

 

戻る 上へ戻る


 

マント

 

マントは盗賊に必要なステータスを補える素早さ、幸運どちらかの強化をすることになります。

現在のDEXやその他の装備の強化の成功具合から判断して決めるとよいでしょう。

 

媒体は最終的には冒険者のマント(桃)か(黄)を選ぶとよいでしょう。

 

 

冒険家のマント(桃)はマントの中で唯一攻撃力に補正があります。

ただし、値段がべらぼうに高く、呪い書などを使ったあまりリスクのある強化は望めません。

値段が高く使いまわすことも考えられるので強化は素早さの書(マント)を使うとよいでしょう。

 

冒険家のマント(黄)はUGが8あるので通常のマントより大きな補正にすることができます。

DEX、LUKどちらの強化でもかまいません。

状況に応じて呪い書で大きな強化を狙ったり、普通の書で手堅くいったり自由に強化するとよいでしょう。

 

それらのマントを装備するまでは低レベルのうちから装備できる着古したマントや桃、黄以外の補正のないマントで十分でしょう。

これらのマントは安いので10%を貼って宿らなかったら店売りを繰り返すことでうまく強化のスタートを切ることができます。

 

戻る 上へ戻る


 

耳飾り

耳飾りに関しては選択の余地はあまりありません。

強化書は素早さの書(耳飾り)一択です。値段が高額で、効果もさほどではないため強化の中では一番後回しにしてもいい部分です。

書も呪い書しかなく30%でDEX+3、70%でDEX+2とあまり効果に差がないため30%1回の後70%で埋めるか、もしくは70%ベタ張りでいいと思います。

 

 

強化するものも特別な補正がついているものはあまり存在しない為、基本的に気に入ったデザインで決めてしまってもよいでしょう。

ただ、これもサブに装備させる場合は低レベルから装備できる耳飾りがよいかもしれません。

 

戻る 上へ戻る